プロ野球打撃コーチの理論について

そもそも打撃コーチになるくらいだから当然 現役時代の実積は十分で本人は打撃理論に関しては自信をもっている。選手は体格などによってみんな一人一人違うから指導法

 

も一つだけではない。もちろん根本になる部分は同じだけど。わかりやすく言うとイチ

 

ローと松井または落合、全員 好成績を残しているがタイプがまったく違うのは一目瞭

 

然だと思う。ところがコーチは自分が現役時代の打ち方に自信があるものだから例外な

 

く自分の打撃理論を押し付ける。それがその選手に合っていれば問題ないのだが合わな

 

くても新人の選手はなかなか拒否できないので本当にたちが悪い。実際に自分もそのせ

 

いで潰れていった選手を何人も見たことがある。だから指導者は広い視野を持って、し

 

っかり勉強することも必要だと思う。自分の経験だといきなりフォームを変えられてそ

 

の理由すら教えてもらえず、ただやれの一辺到だった。のちに考えたらかなり時間の無

 

駄だったような気がする。しかしまだ10代の新人だったから拒否はできなかった。確か

 

に一人一人の個性に合わせて指導することは本当に難しいと思うけど、それをやらない

 

と選手が成長するのが難しくなってくる。だからよく少年野球で子供に教えるのが上手

 

い指導者は成功すると言われる。その通りだと思う。 お手頃価格で高品質な品揃え

【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ